ads by Amazon

Google+ Badge

2014年3月4日火曜日

Raging Thunder 2

今回紹介するRaging Thunder 2は、スピード間あふれる3Dレーシングゲームです。

ゲーム内容としては、コース上のアイテム、スリップストリーム、タックルなどを活用してトップを目指すという、極めてオーソドックスなレーシングゲームですが、スピード感が半端なくスゴイ。リアルなタイプのレーシングゲームでは得られない爽快感があります。
アイテム(一定時間加速=ブースト)
※BOOSTは自動発動がオススメ
敵の車の後ろにつけばスリップストリーム
(ブーストと同程度の加速)
積極的にタックルしてライバルを蹴落とす
もちろん、敵からタックルされることもある
3Dレーシングゲームには、リアルを追及する派閥ゲーム性を追求する派閥があって、マニアの間ではどちらかといえば前者が主流(例えば、リアルレーシングやアスファルトとか)です。後者(ゲーム性追及派)の分かり易い例としては、マリオカートとか。個人的には、後者タイプが好きなので、こういうゲームがもっと増えると良いなぁ…

割と初期の頃からあったゲームのようで、初代はまだAppStoreが無かった頃のiPod touch用に作られたもののようです(サードパーティー製のアプリを動かすにはJailbreakが必要だった頃のもの)。
今回紹介した2も、2010年頃にリリースされたもので、決して新しくありません。

その割に、評価が低いのが気になります。

実は私は先日から、iPhone用のレーシングゲームをかなり買い漁っているのですが、iPhone用レーシングゲームの中でもこのゲームは、群を抜いて面白いです。何故、評価されていないのか、不思議です。

お値段は、追加のアプリ課金なしの激安100円ポッキリ。
(元々は600円で配っていたようですが)
iTunes URL

ちなみに、Android版もあります。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.polarbit.rthunder2
iPhone版と違い、Android版はかなり評価されているようです。

無料(アプリ内課金モデル)のLite版を配っているのが大きいのかな。

※私はAndroid版の方はノーチェックです

0 件のコメント:

コメントを投稿