ads by Amazon

Google+ Badge

2014年3月4日火曜日

Raging Thunder 2

今回紹介するRaging Thunder 2は、スピード間あふれる3Dレーシングゲームです。

ゲーム内容としては、コース上のアイテム、スリップストリーム、タックルなどを活用してトップを目指すという、極めてオーソドックスなレーシングゲームですが、スピード感が半端なくスゴイ。リアルなタイプのレーシングゲームでは得られない爽快感があります。
アイテム(一定時間加速=ブースト)
※BOOSTは自動発動がオススメ
敵の車の後ろにつけばスリップストリーム
(ブーストと同程度の加速)
積極的にタックルしてライバルを蹴落とす
もちろん、敵からタックルされることもある
3Dレーシングゲームには、リアルを追及する派閥ゲーム性を追求する派閥があって、マニアの間ではどちらかといえば前者が主流(例えば、リアルレーシングやアスファルトとか)です。後者(ゲーム性追及派)の分かり易い例としては、マリオカートとか。個人的には、後者タイプが好きなので、こういうゲームがもっと増えると良いなぁ…

割と初期の頃からあったゲームのようで、初代はまだAppStoreが無かった頃のiPod touch用に作られたもののようです(サードパーティー製のアプリを動かすにはJailbreakが必要だった頃のもの)。
今回紹介した2も、2010年頃にリリースされたもので、決して新しくありません。

その割に、評価が低いのが気になります。

実は私は先日から、iPhone用のレーシングゲームをかなり買い漁っているのですが、iPhone用レーシングゲームの中でもこのゲームは、群を抜いて面白いです。何故、評価されていないのか、不思議です。

お値段は、追加のアプリ課金なしの激安100円ポッキリ。
(元々は600円で配っていたようですが)
iTunes URL

ちなみに、Android版もあります。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.polarbit.rthunder2
iPhone版と違い、Android版はかなり評価されているようです。

無料(アプリ内課金モデル)のLite版を配っているのが大きいのかな。

※私はAndroid版の方はノーチェックです

2014年3月1日土曜日

Retro Racing

私は、レーシングゲームが割と好きなので、今後幾つか紹介していきたいと思います。

スマートフォンは、加速度センサーによりTilt操作(画面を傾ける操作)ができるので、本体をハンドルに見立てたような形のレーシングゲームが多くあります。

スマートフォンでゲームをする上での最大のネックは「入力系統」ではないかと思います。例えば、マリオタイプのゲームは操作がし難いので、スマホ向きのゲームではありません。しかし、レーシングゲームは、シューティングゲームと並んで、「割とスマホで操作し易いジャンルのひとつ」です。

今回紹介するRetro Racingは、そういうタイプではありませんが

タイトル画面
【解説】
Retro Racingは、2Dトップビュー形式のレーシングゲームで、操作方法は、左右のボタン(◁/▷)で自機を回転し、アクセルボタン(△)で加速するという非常にシンプルなものです。
ゲーム画面
コース上には4種類のアイテムがあります。
・S(赤) 最大スピードをアップ
・A(緑) 加速度アップ
・T(青) タイヤの強化(コーナリングがし易くなったりとか)
・N(黄) 一時的にスピードアップ

全18コースあり、上位3位以内でゴールすれば、新しいコースがアンロックされていきます。
コース選択
コースの下にある★は、そのコースをクリアした時の順位(1つなら3位、2つなら2位、3つなら1位)です。全18コースをクリア後は、全てのコースを三ツ星にすることに勤しめば良いと思います。

【2Pモード】
タイトル画面で2 Playerを選択すると、下図のように画面を上下に2分割して、2人同時にプレイすることができます。(2 Playerで遊ぶ場合、iPadなどの画面が多き目の端末じゃないと遊び難いかも)
2 Player
【コツ】
・基本
取れる限りのアイテムを取得しつつ、障害物に引っ掛からないようにするのが基本です。
・パターン化
敵の車が邪魔で回避できない事がよくあります。しかし、敵の走るコースやハンドリングは、ランダム性が無さそうなので、パターン化が可能です。そのため、プレイを繰り返せば敵の車の動きを予測して回避できるようになります。
・ショートカット
一部のコースでは、敵の車が使わないショートカット・ルートがあります。それを駆使すれば、割と楽にクリアできます。

【課金アイテム】
初期状態では、3種類の車を選択できますが、アドオンを購入することで、更に3種類の車を使用することができます。アドオンで追加される車は、若干性能が良いですが、ゲームバランスが崩壊するほどの性能差はありません。

例えば、赤色の車は「速度重視」ですが、初期状態で使える車の性能は、下図のようになっています。
初期状態で使える車(赤)
一方、アドオンで追加される赤い車(同じく速度重視)の性能は、下図です。
課金後に使える車(赤)
初期状態の赤い車の場合、コース上でS(赤)を2つ+T(青)を1つ取れば、アドオンで買える赤い車と同等の性能になるという訳です。そのため、追加課金をしなくても十分にクリア可能です。追加課金といっても、消費アイテムではなく、課金は1回キリ(しかも100円)なので、「元々300円のゲームだった」と思って買うのも悪くないと思います。この辺りのことは、各々の好きなようにすれば良いと思います。

ゲームバランスが良いので、必ずしも追加課金しなければ全コース・クリアできない訳でもないし、無課金で全コース・クリアした方が達成感が大きいとも思いますので。私はどちらかといえば後者タイプです。

私は、こういう「ゲームを有利に進める」ためのアドオンは、今まで一度も購入したことがありません。課金しなければクリアできないと悟ればアンインストールして二度とプレイしないので。だから、アドオンが付いているタイプのゲームは、基本的に嫌いです。(だから、このゲームも最初は買って良いものか迷いました)

基本無料タイプのゲームには、そういうゲームバランスの酷さが目立つものが多くあります。例を挙げるのは止めておきますが、私がプレイしたことがある基本無料を謳い、且つ、課金アイテムを実装しているゲームのだいたい8割以上が、そういう感じのしょっぱいゲームバランスでした。

しかし、このゲームについては、そこら辺のバランスが良くできていて、尚且つ、300円でも足りないぐらいの娯楽価値を感じ取れたから、「これなら良いね」と思い、私史上初の「ゲームを有利に進めるアドオン」の購入に踏み切った訳です。

世間では、基本無料のことを何でも「フリーミアム」と呼んでますが、それは誤用ですね。フリーミアムは、「フリー」と『プレミアム』を組み合わせた造語なので、基本無料形態が常態化している今、基本無料には、プレミアムなんて在りません。

「フリーミアム」ならぬ「在り来たりなフリー」ばかりです。
(プレミアムを感じられるもの無くは無いですが)

そんな中、このアプリは、(有料アプリですが)久々に「非常に上手くフリーミアムを活用できているな」と感じさせてくれる逸品でした。

iTunes URL

2014年2月25日火曜日

Stickman Golf

ある日、私はSUZUKI PLANの次の新作ゲームとして「ゴルフゲームでも作ってみようか」と思い、アイディアを練っていました。

ゴルフゲームといえば、ポリゴンを使ったものが多いです。古くはファミコンの時代でも、(ポリゴンではありませんが)疑似3Dのものが主流だったと思います。しかし、「2D(サイドビュー)のゴルフとかも面白いかも」と思い、脳内でシミュレートしてみたのですが、「これは中々面白い!」と感じたので、さっそく作る準備を始める事にしました・・・

・・・しかし、その前に念の為、「ネタ被り」していないかAppStoreで検索してみたところ、「Stickman Golf」なるものを発見しました。


Stickman Golf(menu screen)
残念ながら、思いっきりネタ被りしてしまいました。
という訳で、SUZUKI PLAN製のゴルフゲームはボツということで...
このゲームですが、かなり面白かったです。(想定通りです)
それだけに、作れなくて残念ですが、折角なので紹介しておきます。

【遊び方】
角度と強さを決めてボールを打ち、カップに入れるだけです。
角度は、360度好きな方向を設定できます。
(グリーンに乗った場合はパターになります)
角度を決める
強さは、メーターをタイミング良くタップして止めることで決定します。
メーター(橙色)をタップで止めて強さを決定
メーターが(ほぼ)Maxの状態なら、ボールが火を噴きます。
強さMax(火を噴くショット)
【プレイのコツ】
最初の内は、どの程度の強さでどのぐらい飛ぶか想像できないので、まずは、その感覚を掴むために1コース回ってみると良いかもしれません。
飛ぶ強さの感覚さえ掴めれば、割と簡単にホールインワンできます。
ホールインワン!
【コースの種類】
コースは全部で1セット4コースのコースセットが4つ(全16コース)あり、各コースには9ホール(全144ホール)あります。コースは結構バラエティに富んだ内容なので、かなり長く楽しめると思います。
また、難易度は風のないeasyモードと、風があるhardモードの2種類があります。

【総評】
一般的なポリゴン(3D)のゴルフだと、奥行きが掴みにくいため、正確なボールコントロールをするには結構練習が必要なのですが、Stickman Golfなら2Dなので、普通のゴルフゲームよりも、正確なボールコントロールを容易に習得できると思います。
ゴルフゲームの「楽しさ」は、ボールを狙ったところに落とせるようになって初めて感じることができると思うので、Stickman Golfの場合、それが容易に習得的できる分、普通の(3Dの)ゴルフゲームよりも初心者向けだと思います。
ただし、狙う事が容易な代わりに、コースの起伏などが常識では考えられないアンビリバボーなものになっています(Par 11のホールとかもありますw)。これにより、総合的なゲームバランスについては、上手く調整されています。
つまり、初心者にとっても取っつき易いけどヌルゲーではない感じの程好いゲームバランスに仕上がっている優良なゲームだと思います。

iTunes URL

【補足1】
たぶん、知っている人は殆ど居ないかもしれませんが、昔、「マイコンBasicマガジン」という雑誌に、「Vertical Golf」というN88日本語BASIC用の2Dゴルフゲームがあった(私は結構好きだったから覚えていた)のですが、Stickman Golfは、それをボリュームアップさせたような感じかなと思いました。

【補足2】
ここで紹介しているStickman Golfは、iPhone版しかありませんが、このゲームの続編である「Super Stickman Golf」と「Super Stickman Golf 2」については、Android版もあるようです。
Android版の方は、基本無料みたいです。
※私は続編とAndroid版の内容についてはノーチェックです

(Super Stickman Golf)

(Super Stickman Golf 2)





2013年12月15日日曜日

高級壁紙まとめPro 800枚 for iPhone 5S/5C/5

「スマートフォンアプリ市場では、有料アプリは売れない」と言われています。
しかし、壁紙アプリは、比較的よく売れるジャンルだと言われています。
例えば、本体ケースにお金を費やすのと同じ感覚なのかな?
(もっとも、私は裸で使いたい派なので、ケースを買ったことが無いですが)

そこで今回は、優良な有料壁紙アプリを紹介します。

高級壁紙まとめPro 800枚 for iPhone 5S/5C/5
https://itunes.apple.com/jp/app/gao-ji-bi-zhimatomepro-800mei/id631867271?mt=8
※4インチRetinaディスプレイモデル専用です
※タイトルではiPhoneとありますが、iPod touch 5でも使えます

なお、無料版(枚数500枚)もあります。
たぶん、実用的な用途として考えれば、500枚あれば十分かもしれません。
お金を出してまでは欲しくない...という方は、無料版だけで満足できると思います。

このアプリは、廣川政樹さんというフリーランスのデザイナ兼エンジニアの方が提供しています。


廣川政樹さんのWebサイト
http://dolice.net/

プロフィール(上記サイトより抜粋)
1981年、富山県生まれ。16歳からWEBデザインとプログラミングを始める。2000年より国和システムにてDTPオペレーターとして勤務。その後、プログラマーに転職し某保険会社のDB管理ソフトを開発。2003年、柴田祐介氏らとの WEBゲーム開発プロジェクトを機に WEB媒体のクリエイションに回帰。Bascule Inc. から 旧Vodafone 公式サイトのCSSテンプレート制作を請け負う。2004年よりCGを始め、エスクァイア日本デジタル写真賞入賞。2005年よりフリーランスとなる。2006年に MTV SO-ZO Competition "WEBスクリーンセーバー部門" にて優秀賞受賞。現在フリーランスで iPhoneアプリ開発や CG制作を続けている。


何気に、私と生まれた年が同じですね。
私も1981年生まれです。

アプリを起動すると、壁紙が1枚ずつ表示されるビューアが起動します。
起動時の画面(めくったところ)
画面左下のボタンで、以下のように一覧表示することもできます。
一覧表示
画面の右下にあるフロッピーディスクの形をしたボタンをタップすると、画像をカメラロールへ保存することができます。そして、カメラロールに保存したものを「設定」で壁紙に設定できます。
画像を設定(例)
風景写真、人物写真、テキスト、ワイヤーアート(?)など、色々な種類のものがあるので、800枚もあれば、必ず気に入る壁紙が幾つかあると思います。

このアプリのセールスポイントは、何といっても壁紙の種類の豊富さです。

しかし、このセールスポイントは、好みの画像が見つけ難いというマイナスな側面もあります。例えば、風景写真、人物写真、テキスト、ワイヤーアート(?)など、カテゴリ毎に分類されていて、目的とする種類の壁紙を探しやすいユーザインタフェースであれば良いのですが、そこら辺の作りが洗練されていないように思えます。洗練されていないからこそ、「探す楽しみ」みたいなものがあって良いかもしれませんが。

ついでに、ボタンが凄く小さくて押し難いかも。ボタン画像自体は小さくても良いのですが、もっと当たり判定を大きくしないと、「ボタンが押せない」と文句を言ってくる人が出てくるかも。(押したつもりが押せていない...ということが結構よくあります)

2013年8月17日土曜日

GoatUp

GoatUpは、iPhone用のアクションゲームです。
Android版は無いみたいです。残念。
https://itunes.apple.com/jp/app/goatup/id462286820?mt=8


ゲーム内容
山羊を操作して、画面下に落ちないようにひらすら上を目指すタイプのゲームです。
上を目指しつつ、アイテム、子山羊、雌山羊をゲットすることで高得点を目指します。
Sonic Jumpや、拙作のHOPPERみたいな感じでしょうか。

基本的な操作方法
・端末を左右に傾ける → 左右に動く
・タッチする → ジャンプする(タッチ時間が長いほど、高くジャンプ)

総評
ゲームそのものはとても面白いです。
ただし、ゲーム以外の部分で、幾らか難点があります。
・OpenFeint(※サービス終了済み)を削除していないので邪魔
・4インチ端末のサポートが不十分
iPhone 5でプレイすると、上下に黒帯ができます。
それ自体は別に良いのですが、黒帯部分にタッチ判定が無い点が微妙...

OpenFeintについては、最初に起動した時に「Disabled」にしておきましょう。
そうしないと、毎回エラーが出てきてしまい邪魔です。

2013年7月10日水曜日

Plasma Sky

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.john.plasmasky

iPhone版
https://itunes.apple.com/us/app/plasma-sky/id575310539?ls=1&mt=8

かなり良作のSTGだと思います。
タイプとしては、以前記事を書いたTechno Trancerと同系統のもの(単一ステージで只管ランクがアップしていくタイプ)ですが、敵の動き展開の豊富さ難易度バランススコア稼ぎの楽しさスムースな操作性など、シューターにとってより満足できる水準のゲームだと評価できます。
シューティングゲームは数あれど、ここまで満足できるものは珍しい。

しかし、NOKOGI Riderと比べると、どうしても色々と足りない部分が多いと感じてしまいますが。決して贔屓している訳ではなく・・・いや、やっぱり贔屓しているかな?STGを冷静に評価するのは難しい・・・私の目には、スマホ版のCAVE製STG(全般)すら、「スマホ用STG」としては、NOKOGI Riderよりも劣っていると、割と本気で思っているので。

難点としては、
・ずっと同じ音楽と似たような背景なので単調
・当たり判定が納得できないことがしばしば有る
・画面下のスペースが狭いので、誤ってポーズし易い
・起動時にミュート選択できない
・ロード時にボリュームを下げようとしたところ、ロード中は着信音量しか下げることができない(タイトル以降じゃないとメディアボリュームを下げられない)
・ロード時間が長い
※意外と少ない方です。

ここまでシューターを満足させられるレベルのSTGを作れるデベロッパが、海外に居ることが驚きました。海外作者の有名どころのSTGは一通りプレイしたと思いますが、どれも作りが雑で、シューターを満足させられる水準のSTGを作れるクリエイタは海外には存在しないものとばかり思っていたので。

ゲーム本編のレビューについては、色々な所で紹介されているので、これぐらいにしておきます。

私がこのゲームで、特に注目した点は、Google版のGameCenter(Play Games for Android)に対応しているという事です。その存在は知ってましたが、実際に実装されたゲームを見たのはこれが初めて。

GameCenterというのは、ゲームの実績やランキング(リーダーボード)を提供するiOS(iPhone)の標準機能です。ただし、iOSのGameCenterは作りがかなりお粗末な為、リーダーボードには、不正なスコアが大量にランクインされています。

そんなことをして、何が楽しいのですかね?
理解に苦しみます。

ネットランキング自体はあった方が良いです。
やはり、他人と競い合うのは楽しいので。
しかし、正常な運用が出来ないのであれば、邪魔なだけだから無い方が良いです。

なんで、猫も杓子もGameCenterに対応しているのやら。
正直、GameCenterに対応しないで欲しいです。
起動する都度、「おかえりなさい、xxxさん」と表示されるのも、目障り。
メイド喫茶じゃないんだから・・・

だから、iPhone版NOKOGI Riderでは、敢えてGameCenterに対応しませんでした。
実は、GameCenter対応しておけばアプリが紹介される口が増えるから、プロモ的な意味では対応した方が良かったりするのですが、プロモの為にユーザーが欲しがっていない機能を実装することは、私の信義に反することなので、私には出来ません。

そんな甘いことばかり言っているから、いつも「SUZUKI PLANはプロモが弱い」と言われてしまうのかも・・・でも、本当に自信があるから、敢えてそういう小手先のテクニックみたいなものは使いたくないのです...もちろん、プロモをやらないという意味ではないです。プロモはするけど、その為に製品の質を落とすようなマネだけはしたくないということ。その為にも、SUZUKI PLANは完全な個人運営ですが、マーケティング部門の責任者(私)がクリエイティブ部門の責任者(私)に一切の口出しをできない組織構成を採っています。「全部俺」ですが。

ちなみに以前、プロモ効果測定の為にiPhone版Invader Block 2をGameCenter対応してみようとしたことがあった(クリエイティブ部門の私としてもGameCenterには興味があった)のですが、機能をOFFにできる形+デフォルトはOFFという仕様で実装してアップデートしてみたところ、Appleのレビューで「不完全な実装」という理由によりリジェクトされました。(いや、寧ろパーフェクトじゃないですか?)

若干、話しが逸れましたが、要するに、iOS版GameCenterは全く使い物にならないシロモノだということです。そして、果たしてGoogle版GameCenter(Play Games for Android)は、「正常な運用ができているのか?」という点が、非常に興味がありました。

結論としては、今の所、Google版GameCenterなら正常な運用ができていると思います。このゲーム(Android版Plasma Sky)に関しては、今の所、不正なスコアはランクインしていないと思われます。

「Google+アカウントを使う」という仕様が効いているのかもしれません。
そもそも、Google+を使っている人が少ないので。
実際、このゲームでの参加者数も滅茶苦茶少ないです。
※ゲーム自体1万~5万DLされているけど、使っている人数は900人ぐらい。

ただ、人数が少なくても、正常に競い合えることこそが重要です。
だから、人数は少ない方が良いかもしれません。
やはり、人数が増えれば、○○(自粛)が湧いてくるリスクが増えるので。
もちろん、少なすぎてもツマラナイですが。

という訳で、今の段階ならスコアラーにとっては、iPhone版よりもAndroid版の方がオススメです。なお、Google版GameCenterは、iPhoneでも(開発者が実装すれば)使用可能だったりするので、既にiPhone版を買っている人は、作者にお願いするしかありません。
※Plasma SkyのiOS版は買っていないので分かりませんが、iOS版GameCenterには対応済みになっているので、Google版GameCenterには対応していないんじゃないかと推測しています。

【2013/07/28追記】
iPhone版も買ってチェックしてみました。
やはり、iPhone版では、Play Games for Androidではなく、iOS版Game Centerを使っているようです。ただし、スコアには今のところ不正値は無さそうに見えました。(参加人数は3万前後)

2013年7月7日日曜日

超解読まどかマギカ

私のソウルジェムはドス黒く濁って久しく、「これは、もうすぐ魔女化するね!」と絶望に胸を膨らませて全裸待機していたのですが、一向にその気配が感じられない。「はて?」と思い、例の白いアレに確認を取ろうにも、ソレは女子中学生を口説くのに大忙しらしく、非女子中学生・・・ましてや、オヤジの私を相手にする程の暇は無いらしい。ここ数カ月、私には魔女化の兆候は一切見られないが、ひとつ、決定的に変化した点がある。それは、マゾ化が増していることだ。元々、素質はあったのかもしれないが、最近のそれは常軌を逸している。まさか、ソウルジェムが濁り切ったオヤジは、魔女化するのではなく、マゾ化する仕様なのだろうか・・・。

酷いよ!
あんまりだよ
こんなのってないよ
本当にありがとうございます!

※上記の文章は、ここで紹介するアプリとは無関係です。

今回はちょっと趣向を変えて、電子書籍を紹介します。

超解読まどかマギカ
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.sansaibooks.madokamagika.mcbook

上記は、単体アプリとして動作する電子書籍アプリです。
(Googleブックスとかではありません)

肝心の内容の方は、かなり充実していると思います。
99円で購入しましたが、普通の500~1,000円ぐらいの文庫本ぐらいのボリュームがある感じでした。

「超解読」ということで、「まどマギ」の登場人物、スタッフ、ジャンル、他作品との比較など、様々な角度から複数の著者により分析された感じです。実のところ、私自身あまり「まどマギ」には詳しくない(2回ほど繰り返し見た程度)ですが、そういう人間でも楽しめます。
そういう人間(=ライトな「まどマギ」ファン)の場合、こういうファンブック的な書籍を買うのは、若干抵抗があるんじゃないかと思います。私自身がそうなので。何というか、レジに持っていくのが恥ずかしいという、ビニール本を買うのに躊躇する高校生のような心境です。ですが、電子ならそういうことを気にせず買えるから、ありがたい。

また、コアなファンの方でも楽しめる内容であろうと推測しています。
現時点(2013/7/7)では、DL数1,000~5,000本と、企業が売り出しているアプリの割りにそんなに沢山売れてません。(恐らく、余裕の赤字だと思います)
沢山売れてないということは、現時点でコレを買っている人は、成熟度が高い=相当コアなファンに限られるであろうと想定できます。そんな中で、評価件数14件で平均4.9(星5が12+星4が2)という、かなりの高評価がされている事が、そのように推測する根拠です。